一般的に言われる歯並びが悪いとは

歯型

叢生

歯並びが悪い症状は、いくつかありますが、代表的な症状は「叢生」です。叢生とは、前歯が互い違いに並んでいる歯並びのことを言います。顎の骨の大きさと歯の大きさのバランスが取れていないことで起こります。

開咬

奥歯を噛み合わせた時に、前歯が噛み合わせない状態の歯並びのことを「開咬」と言います。この状態だと、前歯で食べ物を上手に噛み切れなかったり、さ行を発音できなかったりなどの問題が起きます。

治療の種類

このような悪い歯並びを解決してくれるのが、富山や名古屋駅などにある矯正歯科です。矯正歯科では、「ブラケット矯正」「舌側ブラケット矯正」「マウスピース矯正」「部分矯正」など様々な治療を受けることができます。ブラケット矯正は、ワイヤーで歯を動かすので、少し痛みを感じるので注意しておきましょう。インプラント矯正は東郷町でも行なってくれるところがありますが、これも技術が必要な施術だといえます。

歯並びが軽度の人に向いている治療法

歯並びの悪さが軽度の人は、部分矯正が向いています。部分矯正は、全ての歯を調節するのではなく、一部分だけを調整するというものです。そのため通常の矯正治療よりも短期間で済みますし、費用も安いです。

新着情報

広告募集中